ぺぺ・ロメロ日本公式サイト

クラシックギターの巨匠ペペ・ロメロの日本公式サイトです

TEL. 電話問い合わせ不可 / mail: info@pepetas.com

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-1-5-417

プロフィール

ペペ・ロメロ~現代を代表するクラシック・ギタリスト。

クラシック・ギター界の巨人。世界レベルでの最後の巨匠。

1944年3月8日スペイン、マラガ生まれ。父~名人セレドニオ・ロメロを師に早くから天才的な才を示す。

目も眩む技巧と輝かしい音、豊かな歌心でスペインギターの神髄を現代に継承する最後の巨匠。

 

 

「ギター界のロイヤルファミリー」と賞されるロメロ一家は、父と3人の息子達によるギター・カルテット“LOS ROMEROS”として大成功を収め、その功績はクラシックとフラメンコのテクニックを融合したスパニッシュ・ギターを世界的に広めた立役者として、極めて大きい。

ぺぺは、“LOS ROMEROS”の中心的存在としての活躍はもとより、70年代からソロ活動にも繁忙を極め、フィリップスより歴史的名録音を多数発表。

来日経験も多く、特に望待のソロとして、初来日となった1999年12月のステージは、噂を越える圧倒的な名演を披露し伝説となっている。

 

 

技巧の衰えなど微塵も無く、かつ円熟味際立つ昨今の演奏内容は、まさしくこの音楽家が人生の絶頂期に居ることを伺わせる。 音楽によって、聴衆を感動させられる、数少ない本物の音楽家である。

勿論、経歴も華々しく、数度のグラミー賞をはじめ、世界の名だたる賞を受賞。

また、スペイン国王フアン・カルロス1世より勲章授章。他に、ローマ法王・アメリカ大統領を代表とする各国の首脳・要人等に招かれて演奏多数。

アランフェス協奏曲の作者ロドリーゴとの親交も深く、ドキュメンタリー映画「光と影~ロドリーゴ生誕90年」ではメインホストを務めた。また、ロドリーゴ最後のギター協奏曲『ある宴のための協奏曲』は、ペペを指定ソリストとして作曲されたものである。

円熟の演奏で今日も世界ツアーに明け暮れる巨匠は、常にスタンディングオベーションの中にいる。