ぺぺ・ロメロ日本公式サイト

クラシックギターの巨匠ペペ・ロメロの日本公式サイトです

TEL. 電話問い合わせ不可 / mail: info@pepetas.com

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-1-5-417

ブログ
ニュースを始め、ぺぺロメロさんに関する情報をブログにてご紹介しています。

ブログ一覧

バルセロナ~リセウ劇場にてパブロ・カサルス・フェスティバル出演

20150804

昨日の8月4日、バルセロナはランブラス通りの歴史的な、かつあの美しいリセウ劇場にて、演奏しました。

パブロ・カサルス祈念フェスティバルの一環として企画されたものです。

カサルスと言えばチェロ!

ギターとチェロとの関わりは、アランフェス協奏曲が馴染み深いですか、この日は「ボッケリーニ5重奏曲」でした!

こういったプログラムがペペ・ロメロで聴けるとは、羨ましいですね!

ぺぺロメロ~アルハンブラ宮殿でコンサート

昨夜、2015年6月30日、ぺぺロメロさんが~スペイン・グラナダの世界遺産、アルハンブラ宮殿でコンサートを行いました。

写真は、サウンドチェック&本番&終演後の月、ですね。

同行なさったご家族の撮影した写真をお借りしました。

同席したかったですね!!

alhambra (7)
alhambra (5)
alhambra (3)
alhambra (6)
alhambra (4)
alhambra (8)
alhambra (9)
alhambra (10)
alhambra (1)
alhambra (2)

ロス・ロメロス~マラガで「アンダルシア協奏曲」


malaga (1)

彼等の出身地でもあるマラガのオーケストラとは、共演の機会も多いぺぺロメロさん。

町の通りでの一枚


マラガと言えは、へレスの町が近いこともあり、シェリー酒が有名ですね。

シェリー酒のことを「へレス」と言います。スペイン語では。

でもこの樽は、ワインでしょうかね。

malaga (2)

ロメロスの十八番、ロドリーゴの「アンダルシア協奏曲」をマラガオーケストラと。
リハーサルの様子です。

malaga (4)

malaga (3)


ゲネプロ的に、コンサート会場となるマラガ城跡で、リハーサル。
スペインは、良い季節にはよく、屋外でクラシックコンサートやります。

音響は決して良いわけではないけれど、雰囲気が楽しめて、乙なものです。

ぺぺロメロさん日本滞在写真-1

2014/5/14~5/23の間、東京公演の為に来日していた巨匠ぺぺロメロさん。
遅くなりましたが、徐々に滞在中の写真などを公開してまいります。
まずはFACEBOOKで紹介したものですが、いくつか。

201405141 5月15日、インタビューなどの日程消化の為、電車で移動中の様子です。

中央線に乗っている9年前の写真は当サイト内でご覧頂いていますね。

これは、山手線乗車中の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

201405142 ぺぺタスギター教室高田馬場教室にて。

ペペロメロJr作- 144番のギターを弾いている写真。
この日予定された「現代ギター」誌のインタビュアー「濱田滋郎先生」を待つ間の写真です。

 

 

 

 

 

201405144濱田滋郎先生とのインタビュー。和やかな雰囲気で。

スペイン語での収録でしたので、内容は雑誌で読むのを楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

201405143新大久保の黒澤楽器店にも立ち寄りました。

東京でのプレミアムギターの値段など興味深くご覧になりました。

某ギターがサントスより高額なのに驚き、「楽器の実力から言って信じられない。おいぺぺ、(私のこと)これは何かの間違いではないのか?」と。私も全く同意見でした。

 

さて、第一弾はこんなところで。まだまだのんびり続けます。

 

 

ぺぺロメロさん、今日、来日しました

20140514 今日、ぺぺロメロさんご夫妻が無事に成田空港へ到着なさいました。
まずは長旅の疲れを癒し、明日は早速雑誌インタビュー等のスケジュールをこなします。

ロレンツォ・パロモの新作協奏曲~FRUGORES

Berlin

ロレンツォ・パロモの新作協奏曲~FRUGORESのベルリンフィルとのドイツ初演を控えてのバックステージでのペペ・ロメロさん。

作曲者との写真もあるのですが、ヨーロッパは音楽家の権利に厳格なので、出しづらいのです。許可を頂けたら、オーケストラ(ベルリンフィルは難しい)やロレンツォとの写真も公開します。

ミュンヘンでのコンサート~本番前の控室

Munich

ミュンヘンでのコンサート~本番前の控室です。

ぺぺロメロさんと一緒にいると、つくづくこう思います。
「世界的成功の第一条件は、並外れたタフさである」と。

私はぺぺロメロさんの口から一度だけ「疲れた」と聞いたことがあります。
それは、3日間で「スペインマラガ→ニューヨーク→ロス→東京」とコンサート&飛行機が続き成田へ迎えに行った折でした。

そりゃぁ疲れもするだろうと思ったものでした。

日本で数本、コンサートをこなしてお帰りになったのですが、後で聞いたら、その時は「左肩の靭帯が切れていたんだって」!

信じられますか?アランフェス弾いたんですよ。フルコンサートも普通にやったし。

これが「世界一の看板を50年以上背負っている男」の日常か!と思い、到底自分など及びもつかぬと、当然ながら、言葉もありませんでした。

 

室内楽コンサート前の控室

casals

カザルス・カルテットとの室内楽コンサート前の控室で練習中のぺぺロメロさん。

巨匠の弦楽との合わせもの、日本では聴く機会がなく残念ですね!

デュッセルドルフ空港でも練習のぺぺロメロさん

Duserdorf

デュッセルドルフの空港でフライト待ちに練習中のぺぺロメロさん。

今回のヨーロッパツアーは、室内楽の合わせものが多いです。

昨年から、事前に勉強&練習が多く必要な仕事が続きますが、真摯に取り組まれる姿勢に頭が下がります。

 

スペイン・マラガ空港でのペペ・ロメロさん

malaga

スペイン・マラガ空港で、フライト待ちの時間に練習するペペ・ロメロさんの珍しい写真です。

私ペペ田代はぺぺロメロさんの全てを尊敬をしていますが、私がいつも感心し、尊敬申し上げる特筆すべき点に、【大変に真摯に丁寧に、確実な練習を怠らない」という点です。

ぺぺロメロさんは、世界で最も沢山「アランフェス協奏曲」を演奏なさっているはずですが、極めて遅いテンポですべてを確認しつつ練習なさいます(私はそのビデオ持ってます。練習を撮影していいよ、とおっしゃっていただいたので)

優れた音楽は、その人の実像が垣間見えるものですが、そういった部分からも、【聴衆が感動する】音楽が紡ぎだ出されるのでしょう。

優れたプロほど、【なめていない】のですね、音楽を、演奏を、人生を。

それを思うに、日頃、自分が如何に【気軽に雑に】ギターを手にしているのか、常々反省させられます。

こういった事を得心させられることこそ「真のレッスン」なのですね。どこをどう弾くか、などよりも。

益々5月の来日公演が楽しみです。この来日の為に用意される2つの特別プログラム、全音楽ファン、ギターファン、必見です。
チケットの購入は一日も早く、ぺぺタスウエブショップで!
http://www.shop.pepetas.com/wp/romeroconcert/ticket

 

なでしこJAPAN優勝おめでとう!

なでしこJAPANワールドカップ優勝おめでとう!

今、電話でパパ(ペペロメロさん)とおしゃべりしました。

パパから日本の皆さんへのメッセージ

「ワールドカップ優勝、本当におめでとうございます。私も心から喜び、お祝いを述べることを嬉しく思います。
今回の優勝は、今の日本にとって、とても貴重で素晴らしいことで、これによって日本の皆さんが大いに勇気付けられることを、世界中が知っていました。
そして、私が日本と日本の皆さんを心から愛していることは改めて述べるまでもありませんが、だからこそ私も、この優勝を心から喜ぶことが出来ました。
本当におめでとうございます。私はこの優勝を皆さんと分かち合えて、とてもハッピーです。」~ペペロメロ

 

パパは又明日から、ツアーのオンパレード。明後日からオクラホマでの【セレドニオ・ロメロ・フェスティバル】のため、明日フライト。その後、ツアーが続きます。
早く会いたいな。「9月に中国でコンサートがあるから、おいでよ」と誘われましたが。

ペペ・ロメロさんの近況~2011年6月

今朝、パパ(ペペロメロさん)と電話で話しましたので、いくつか近況報告などを。

 

①まずは新作CD情報から

昨年11月にドイツにてソロ作品の録音を、そして先月、ロメロス四重奏団にてクリスマスアルバムの録音を終了していますが、そのリリース予定です。
グラモフォンから発売ですが、秋頃にロメロス・クリスマスアルバムを発売。その後、11月頃にソロ作品のリリースとなる予定だそうです。楽しみですねぇ!早く聴きたいな。

 

②DVDのお知らせ
今年冒頭、スペイン・グラナダで開催されたパパのコンサートがDVDになります。コルデロ(南米の作曲家)の協奏曲が含まれる内容で、パパはちょうど昨日、エディット確認のため視聴したそうです。
「良いコンサートだったよ!映像もいいよ!」とのことで、こちらも発売が待たれますね!

③先月、サンフランシスコの大学から「博士号」(何個めだろうか?たくさん頂いているので)を授章され、授与式でスピーチなさったそうです。

④大震災に当たりコメントを送ってくださいましたが、未だに随分と日本のことを心配なさっております。

【いつでも私の心は、復興に立ち向かう親愛なる皆様と共にいます】とのことです。

いつもいつも、心配していただき感謝で一杯です。今日もパパと会話したことで、心を分かち合えてハッピーになりました。
皆さんも、大変な毎日、こんな時だからこそ、ギターに救ってもらいましょう!

ペペロメロさんから、お見舞いのメッセージ

この度の大震災による未曾有の大災害につき、パパ(ペペロメロさん)が、日本を大いに憂慮しお見舞いのメッセージを送ってくれました。

 被災なさった皆様に改めて心からのお見舞いを申し上げるとともに、少しでも痛みや苦しみを分かち合い、1日も早い復興に向け、皆が【自分に出来ること】を、思いやりと助け合いの心を失わず、心を折らず、立ち向かってゆくことを祈ってやみません。

 「My heart and spirit feels deeply the sorrow and tragedy that my Japanese brothers and sisters have to endure. I pray for all of Japan and my love is with you. Pepe Romero」

「私の心と精神は、日本の兄弟姉妹の皆様が直面する悲劇と、それに耐え忍ぶ苦難を想い、深い悲しみのなかにあります。

 私は全ての日本の皆様のために祈り、そして私の愛は皆様と共にあります。~ペペロメロ」

パパ(ぺぺ・ロメロさん)の誕生日で電話しました

3月8日は、パパ(ぺぺ・ロメロさん)の誕生日で、日本時間の今日(3/9)午前が、現地アメリカ西海岸の3/8午後。で、お祝いの電話しました。パパの携帯に。
で、
・先週、スペイン~グラナダ行ってたよ。
・4月頃には、制作中のギター教本の原稿を仕上げる予定だよ
・誕生日を家族に祝ってもらって、嬉しいよ
とか、6~7分、雑談しました。

パパと共に過ごす時間は、いつでも、幸せな気分になる。
早く、また来日してほしいですね!

ぺぺロメロさん宅滞在記~最終回

さて、ぺぺロメロさん宅滞在記、いよいよ最終回です。

11月24日(火)の3時半頃の電車に乗ってロスに向かいます。


まずは、今や、圧倒的な高みにあるギターを製作する、歴史上「真のギター製作家」となった、ぺぺロメロJr氏。愛称リトルペぺ。
昨年滞在時には:
・生い立ち
・ギター製作を始めた切っ掛け
・製作を学んだ過程
・プロ製作家としての初期のキャリア
などをインタビューしました。(まだ未公開)
今回は:
・材質について
・キャリア上、影響を受けたギター
・サスティン(音の伸び)
・サップウッド(白太)について
・最近の製作動向
など、話を聞きました。


パパが練習するのを拝見します。
この日は、ターレガの小品を何曲も弾いてらっしゃいました。
あらゆることが参考になります。
パパと一緒にいると、ともかく楽しいのですが、全てが勉強でもあります。



午後、ファミリーの方が会いに来て下さって、表で葉巻を吸いました。
滞在中、毎日吸っていたので、帰国してからも、毎日吸いたくなります。
パパ、セリン、リトルペぺと兄弟のティナ&グレッグ夫妻。
楽しく雑談しながら、温かい日差しと幸運で幸せな時間を分かち合います。
しかし、来るたびに、皆さんに、本当に良くしていただき、感謝に堪えません。ありがとう。
パパに送ってもらい、駅へ向かいます。車中、色々話しつつ。パパといると、話が尽きません。

LAのホテルに無事着いて、疲れてもいたし、明日早いので、ホテル1Fのレストランで済ませます。
お昼にカリッサ夫人が、美味しいトルティージャを作ってくれて、お替りしたので、あまり空腹でもなかったので、サンドイッチを注文してみました。
16ドルは高いな~、と思いましたがホテルレストランだし、仕方ないかな?と。
で、出てきてビックリ、そのボリューム。
ベーコンとターキーハム、どれだけ入れてるのよ?って感じ。
ポテトチップも、多いですね~。
まあ、アメリカンサイズですな。半分で満腹しました。全部食べたけど。
で、赤ワイングラス、10ドルだって。
チップ置いて、3000円だよ。もっといいもの、食べられるのですが。・・・。

明朝、空港のカフェで。
ハム&チーズのクロワッサンと、ダブルエスプレッソ。
両方で6ドル53セント。
テーブルでゆっくり新聞読みつつ。


飛行機の窓から、朝の光の海と雲。
美しいですね!
その後、無事成田に到着。
と言ったわけで、私ペぺ田代は、ぺぺロメロさんとカリッサ夫人、セリンさんとクラウディアさん、リトルペぺとファミリーの皆さん、全てのお心遣いで、非常に素晴らしい1週間を、パパと皆と、過ごすことが出来、今日に嬉しいです。
こんなところで、ぺぺロメロさん宅滞在記2009、お終いです。